Amazon.com の電子書籍リーダー Kindle。どこがいいのか?どれを買ったらいいのか?どう使うのか?わかりやすく説明します。
Amazon Kindle のトリセツAmazon Kindle のトリセツ
Kindle の魅力・買い方
サイト情報
ホーム > Kindle の魅力・買い方 > Kindle の選び方

Kindle の選び方

スポンサーリンク

Kindle にはいくつか種類があります。

どれをどんな場合に選ぶとよいのか紹介します。

(注) 2011年11月に新機種が発売予定です。このページも間もなくアップ予定ですので、 ご購入の際にはご注意ください!

Kindle の種類

Kindle は主につぎの3種類があります。

KindleKindle 3GKindle DX
通常価格$139$189$379
スペシャルオファー版価格[注1]$114$164-
画面サイズ6インチ6インチ9.7インチ
ディスプレイタイプE インクパネルE インクパネルE インクパネル
サイズ7.5"x4.8"x0.335"7.5"x4.8"x0.335"10.4"x7.2"x0.38"
重量8.5 lbs8.7 lbs18.9 lbs
ストレージ3,500冊3,500冊3,500冊
フリー3G-
Wifi-

[注1]スペシャルオファー版はアメリカ国内のみなので、日本から購入・利用する人はスペシャルオファー版は購入できません。

Wifi モデルと 3G モデル

まず Kindle はネットワークへの接続の種類によって、「Wifi モデル」と「Wifi + 3G モデル」 に分けられます。

それぞれ簡単に説明します。

Wifi モデル (Wifi は「ワイファイ」と読みます) はいわゆる無線LANとかホットスポットでの接続です。 普通のノートパソコンで無線LANでインターネットに接続する場合と同様です。

一方、Wifi + 3G モデル は Wifi での接続に加えて、3G 回線でも接続が可能です。3G は「スリージー」と読みます。 3G は携帯電話向けの高速データ通信回線のことです。

つまりインターネットに、より長く接続をしたい場合は Wifi + 3G モデルを、 ノートパソコンなどで接続する程度に接続したい場合は Wifi モデルで十分ということになります。

ちなみに、Kindle では購入した電子ブックをダウンロードできるので、 本を読むためには必ずしもインターネット回線に接続している必要はありません。

ちなみに Kindle の 3G は毎月の回線使用料は不要です。 ですので、予算に余裕があるなら Wifi+3G モデルを買っておくことをオススメします。

ただし、Wifi モデルでも本を読むのには支障はないので予算が厳しいときは無理に 3G でなくても構わないと思います。

スペシャルオファー版はどう?

アメリカ版では通常の Kindle より $25 安い、 "スペシャルオファー版" があります。「安いのはいいけれど、広告が邪魔になったら嫌だなぁ」と悩む方も多いのではないでしょうか。

私の意見ではズバリ、スペシャルオファー版がオススメです。

その理由は次のとおりです。

  • 本体が $25 安い
  • 広告は全く邪魔にならない
  • クーポンコードがもらえて楽しいし、おトク

実際の画面はこのようになります。スクリーンセーバー以外では、メイン画面の下などにこのように広告が入ります。

スペシャルオファー付きキンドル

書籍のページ内には広告は出てこないようです。

それ以外にはメインメニュー内に "View Special Offers" というメニューが出てきます。

スペシャルオファー付きキンドル

これを選ぶとスペシャルオファー一覧ページが表示されます。

スペシャルオファー付きキンドル

このように全然邪魔にならない程度の表示具合でありつつ、以前、人気の Kindle カバーの 50% OFF クーポンコードがここから取得できたり、 とお得な情報もあるのでとても良いと思います。


ホーム > Kindle の魅力・買い方 > Kindle の選び方

© 2011 Amazon Kindle のトリセツ